デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンは肌が弱いため、少しの刺激で色素沈着や肌荒れを起こしてしまいがちです。たとえば脇の下や股間などがデリケートゾーンと呼ばれる場所で、皮膚が薄くて柔らかいために、剃刀などで脱毛処理を行うと、皮膚が痛んでしまいます。脇の下なども、かみそりを使い続けることで、皮膚が刺激を受けてメラニン色素を賛成し続け、結果黒ずみが沈着してしまいます。股間の部分については特にその傾向が顕著です。また毛抜きなどで処理した場合も、炎症を起こしやすく、毛穴から雑菌が入ると化膿してしまうこともあります。剃刀や毛抜きなどの処理よりは低刺激で脱毛できるのが脱毛ジェルなどです。薬剤を脱毛したい部分などに塗布して、一定時間置いて毛を溶かすなどした後、薬剤ごとふき取るという方法です。この方法であれば皮膚への刺激は少なくて肌トラブルは剃刀などの場合と比べ置きにくいです。そのほかに、脱毛サロンや美容外科などでレーザーによる脱毛も行われています。こちらは多くが永久脱毛なので一度施術が終了すれば頻繁に処理をする必要がありません。

中古車情報 激安

リフォーム 補助金